検索エンジンRio-net-Searchを検索エンジンRio-net-SearchをYahoo!ブックマークに登録検索エンジンRio-net-Searchをはてなに追加はてなに追加
検索エンジン

低額で大手サイトに広告を出せる時代になりました。


お店を開いた。広告も出している。アクセスもそこそこ有る。しかしどうにも商品が売れない。

それは、お客は数ではなく、その質が大事だからです。

ふらり訪れる多数のユーザーよりも、少数でも最初から「買いたい意欲」を持ってるユーザーを呼び込まなければ物は売れません。


話は少し逸れますが、
今までの広告って頁の内容とは関連性が無くてイライラしなかったですか?

たまたま目にした公告が自分の興味を惹く場合に限ってアクセスするというものでしたよね。

たとえば、ゴルフに関心が有る方が、証券会社のサイトでたまたま目にした「ゴルフ会員募集」の広告を見てアクセスするという感じ。確かに宝くじに当たる確率よりはマシですが、これを広告主の側から見れば、ユーザー数の割には売れ行きがいまいちだということになります。

そういう広告でも、お客を呼び込む為に掲載してきました、もちろん成果は上がらず費用はかさむ一方。こんなことを繰り返しても、先が見えない。もう、サイトを閉じてしまおうか?

そう考えて悩んできた方も大変多いと思います、
しかし諦めるのは早いです。

アクセス数もそこそこ有れば、ターゲットを絞った、購買意欲旺盛なユーザーを呼び込める!、ショップを運営するサイトオーナーが待ち望んだ広告が有ることをご存じですか?。

この広告は検索連動型広告「スポンサードサーチ」といい、リスティング型広告の代表的なものです。グーグルのGoogle Adwords もこの形式です。

この広告は、検索した単語と「登録したキーワード」が一致した時、そのキーワードに関連する広告を表示します。つまり、最初からあなたのサイトに興味と関心を持つユーザーに絞ってダイレクトにアクセスしてもらえる訳です。ページ内容と無関係な広告が掲載され、結果、訪れるユーザーの購買意欲も薄く成果に繋がらない旧タイプの広告とは全く異なる、まさにインターネット時代にふさわしい広告形式と云えるでしょう。

そして、この広告の更に勝れている点は、費用が「広告がクリックされた回数と設定したキーワードごとの値段で決まるしくみになっている点」です。
つまり、検索結果のページに表示されるだけなら掲載費用は発生しません、あくまでも、広告がクリックされなければ費用は発生しないのです。

そして一日の目安となる金額を決められますから
仮にクリックが超過しそうになっても、売り上げに応じて広告費用を管理できます。
なんと経済的でしょう。そして広告主にやさしい広告でしょうか。

無駄な費用を出来るだけ抑え、広告主本意の設計になっているこの広告は、大々的に費用をかけて広告を出せない個人商店からレストラン、商店街に有る小規模のショップなどの沢山のお店が活用しています。

それもそのはず、この広告、なんと、Yahoo 以外にも有名サイト35以上に掲載され、日本のインターネット広告の約8割をカバーします。しかも費用も大変お安いのです。

広告掲載の実際例を見てみましょう。
例えば下図の赤枠で囲んだエリアをご覧下さい。これはYahoo での実際例ですが、ユーザーが1番目にする、上段と右エリアに広告が掲載されている点に注目して下さい。


ユーザーが検索したキーワードは「SEO」です。
そして赤枠で囲んだエリアに、「SEO」に関連する広告、つまりSEOというキーワードに関連するお店や商品などの広告が、タイトルと紹介文、サイトURLを柱に表示されています。

これは集中的にこのページに「SEO」に関連する広告が掲載されているということです。ユーザーにとってはよりどりみどり状態とも云えます。「SEO」に関心有るユーザーは、その中から自分が探しているものによりふさわしいお店や商品にアクセスすることになるでしょう。目的が明確ですからお店に求める商品が有れば購入する確率はより高くなるはずです。これが検索連動型広告です。自らの意志で人々を招く生命体のようだといえば誇張が過ぎているでしょうか。

この広告を掲載するのは非常に簡単で、登録ページで文章やキーワードを設定するだけです。効果的なキーワードの設定の仕方などのサポートも充実していますし、万が一、ホームページを持っていなくても、Yahooの側でホームページ制作の代理店を紹介してくれます。こちらの方の費用も良心的な価格になっています。

この機会に貴サイトも是非、Yahoo連動型広告を始めてみませんか?
面白いと思った方は、 Yahooの検索連動型広告 で確認してみて下さい。

関連リンク
スポンサードリンク